ナシ婚の割合が増える現在の日本。離婚率と後悔について考える

ウエディング姿の人形

最近は結婚式を挙げずに入籍するナシ婚が増加中!
気になるのは、後からの後悔と離婚率との関係。
価値観の多様化が理由にあると思いますが、結婚というものは原則的には普遍。

ナシ婚した人も、ナシ婚を考えている人もちょっと読んで欲しい記事になりました。

ユリコ
ユリコ
カオリさんってやっぱり、ドライアイスが充満した会場にゴンドラで降りてきた世代?
カオリ
カオリ
失礼すぎるwww そこまでバブリー世代じゃないわっ!シモシモ世代じゃないわよ!

増えつつあるナシ婚

結婚式といえば、昔、誰かから聞いたことのあるバブル時代のドライアイスやゴンドラ、そして地味婚といったように、その時代を象徴するキーワードを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

最近、増えつつあるナシ婚は今の時代を象徴することばとしてよく耳にするようになりました。そんなナシ婚をするカップルが増える事情に迫っていきます。

「ナシ婚」てなに?

ナシ婚とは、結婚するカップルが、挙式や披露宴を挙げず、入籍だけすることを言います。以前は女性なら誰もが憧れる花嫁衣裳も、最近はその晴れ姿を纏う機会を設けず結婚するカップルが増えているようです。

ナシ婚を選ぶ考え方は2つ

ナシ婚に至る理由は大きく分けて2つあります。

それは結婚式を挙げたいけど、仕方なくナシ婚にする場合と、それとは対照的に結婚式を挙げたいと思わない人もいるようです。

なぜナシ婚が増えているのか?

ナシ婚を選ぶカップルの結婚式に対する価値観が変わってきたことと、結婚式を挙げたいと思いながらも、仕方なく諦めるといった事情もあるようです。

それぞれの具体的な理由に迫っていきます。

結婚式を挙げない主なる理由

経済的理由

資金がなかったため
いつの時代も結婚式費用は大きな負担ですね。本当は結婚式を挙げたい、と思っている女性にとってはかなりの葛藤があるようですね。

結婚式よりも新婚旅行に費用を充てたいから
結婚式を挙げれば国内旅行になったハネムーンも、ナシ婚にすることで海外旅行にできるなど、優先したい方を充実させる傾向もあるようですね。

家具や家電など新生活にかかる費用に充てたいから
気になる結婚生活の経済状況によって合理的に考える傾向があるようです。

セレモニーが苦手、準備、気遣いが大変

仕事と準備の両立が難しい
ひと昔前は寿退社して専業主婦になる妻が結婚式の準備を進めるケースも多かったようですね。共働きが多くなったことで仕事をしながらお互いに挙式の準備を両立するには時間的にも難しい環境になったことも影響しているようです。

セレモニーの主役への抵抗感や招待客への気遣いを紛らわしく思う、
今まで大勢の人前に出ることが無く、セレモニーの主役になることに抵抗感があるほか、招待客の選定や職場の人への気遣いなどが面倒といったこともあるようです。

授かり婚の為

急だったので資金の準備できなかったり、花嫁の体調にも影響があるので、仕方なくナシ婚となるケースも多いようです。

※このような理由でナシ婚に至ったカップルには、文末に朗報がありますので、是非最後までご覧ください!

結婚式を挙げない潜在的な理由がある

ナシ婚に至る理由には、先ほどのように仕方なくナシ婚にする場合や結婚式の抵抗感のほかに、時代に流れによる潜在的な理由も大きく関わっているようです。

豪華な結婚式を挙げたいと思わない

バブル時代より後の世代は、世の中の質素な流れの中で過ごしてきたこともあり、豪華なイメージの結婚式に馴染みがなく、以前ほど憧れを持たない傾向にある。

価値観の多様化

結婚式は挙げず、SNSで知り合いに報告をし、ネット上で祝福のフォローをするといったように、今や生活の一部となったSNSが様々な現況報告の場となりつつあります。従来は「家と家との繋がり」という意味合いが濃かった結婚も「個人同士の繋がり」という解釈に変わりつつあり、価値観が多様化されているせいもあるようです。

結婚年齢層が高くなったため

以前は20代だった結婚平均年齢も、時代と共に高くなりつつあり、30代に差し掛かろうとしています。結婚式の準備に割く時間や体力的にも厳しい傾向にあるようですね。

ナシ婚が離婚に繋がる原因

様々な理由によりナシ婚に至ったものの、ナシ婚のカップルは離婚率が高いと言われています。ナシ婚と離婚率にどういった関わりがあるのでしょうか?その謎に迫っていきます。

ナシ婚のカップルには結婚式を挙げなかったことから、気持ちの上でいろんな変化が起こっていました。

結婚式を挙げなかったことを後悔する

特に男性の多くが、知り合いの結婚式に出ると負い目を感じるようです。女性もやっぱり花嫁衣裳を着たかったと振り返って後悔することがあるようですね。

彼氏彼女の関係から進展しない

同棲をして、結婚式を挙げずに籍を入れると、そのままズルズル行く感じで、結婚した実感が湧かず、覚悟が決められない、といったこともあるようですね。

そのせいで離婚するときも普通にお付き合いしているカップルが別れるといった感覚になってしまう傾向もあるようです。

結婚式を挙げるとなぜ離婚率が下がるのか

結婚式の準備が大変だからこそ夫婦の絆をより強くなる

結婚前のカップルの悩みを調べたところ、結婚式の準備段階で、意見が合わなかったり、準備がうまく進まなかったり等で喧嘩となり、破局の危機を経験するカップルが意外に多くいるようです。

そんな大変な経験を一緒に乗り越えたことで、より絆が強くなり、多少のことでは離婚に至らないのではないでしょうか。

ナシ婚ではない人の離婚の傾向は?

ナシ婚に関わらず年々離婚率が上がっていることも事実です。結婚式を挙げた人の離婚も増えているのは、金銭的なストレスや支える人が居るかも影響しているようですね。気になるその実態はどんなものなのでしょうか?実はその謎を研究した実験があります。

金銭的ストレスが離婚の原因にもなりえる

結婚式に多額の費用をかけたカップルは離婚する傾向にあるようです。

アメリカのエモリー大学でこれを裏付ける興味深い研究が行われました。

アメリカのCNNの配信記事(出典https://www.cnn.co.jp/fringe/35055098.html)によりますと、挙式費用が2万ドル(約214万円)を超えた花嫁は、5000~1万ドルしかかけなかったケースに比べて離婚率が1.6倍に上ることが分かりました。また、費用が1000ドル以下だったカップルの離婚率は全体の平均を下回っていました。また1,000ドル以下だった場合は全体の平均離婚率を下回っていたということでした。

つまり、借金をして豪華な式を挙げた場合、後の結婚生活において、その経済的ストレスがかかることが影響し、離婚至る傾向が高まるということがわかる研究でした。結婚式を質素に挙げたカップルの方が長続きする可能性が高いと言えるようですね。

沢山の招待客を招いて結婚式を挙げたカップルは離婚しない傾向にある

結婚式の招待客を多く招いた場合、それだけ支えてもらえる人がたくさん居るということと、たくさんの人の前で結婚を誓ったことで、簡単に離婚には至らない傾向にあるとも言われています。

捉え方によって変わる結婚式

結婚式そのものの意味付けや捉え方も人によって様々あるようです。

従来のように挙式を挙げること自体に意味があるという捉え方がある一方で、多額の費用を一度の結婚式にかけるのであれば、もっと別の事にお金をかけたいと思う捉えたかたもあるようですのでまとめてみました。

結婚式は必要と捉えている人の場合

結婚式は夫から妻への愛の確認であり、また妻にとって結婚式の花嫁姿は幸せの象徴でもあり、憧れでもある。

結婚式を不必要と捉えている人の場合

ひな壇に座って主役になることに抵抗があるほか、招待客に気を遣うなど、面倒なことはしたくない。

周りへの気遣いが負担になる結婚式よりハネムーンや新生活にお金をかけて充実させたい。

ユリコ
ユリコ
結婚式を挙げる意味合いって挙げる側になると意外に複雑なんですね
カオリ
カオリ
そうねぇ~、やっぱり結婚式の費用って高いから・・・
ユリコ
ユリコ
ナシ婚するカップルもいろいろ悩んでいるということなんですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナシ婚・離婚は共にマイナスではない

ナシ婚をする人の意見を追ってみると、人生の節目に感動を与えるものという従来の結婚式の考え方も時代と共に変わりつつあるようですね。

以前はほとんどのカップルが結婚式を挙げる時代に少数派だったナシ婚も、ナシ婚を選んだ人の考え方に共感されることが少なかったため、どちらかというと、常識離れしているというようなマイナスのイメージに取られがちでしたが、多くのカップルがナシ婚を選ぶようになった現在に至っては世の中の考え方も変わりつつあるのかもしれません。

結婚式を挙げることに疑問を持っている場合、周りの意見を聞きながらも自分の視点で考えることも、本当の価値を見出すことに繋がるのではないでしょうか。。

ナシ婚は前向きな行動である

多数派になりつつあるナシ婚

時代を先取りした考え方はいつの時代もマイナスに見られがち。従来はナシ婚も例外なくその新しいかたちという意味では、マイナスと捉える人が多かった為、少数意見として理解されにくい環境にありましたが、今やナシ婚率も半数近くになっているとも言われています。

結婚後の生活もクローズアップされる

以前は「結婚式」だけがクローズアップされていた結婚の話題も、結婚生活においても、SNSで気軽にアップすることができる環境になり、注目されるタイミングも時代と共に変わってきたようです。

結婚式よりも、結婚後を合理的に考えるようになった。
ナシ婚の人の意見を聞いているうちに、記念や思い出として残るものに費用をかけるよりも、現実的を冷静に見つめ、合理的にお金を使う人が多くなったことが伺われます。

離婚はもともと前向きの行動である

合わない相手と人生の大部分を共にして犠牲を払い、最終的に熟年離婚になったケースもあります。それでは過ぎてしまった時間を取り戻すことができません。だったらそうなる前に早い段階で離婚して本当に結婚すべき人と再婚するほうが良いに決まってますよね。
マイナスイメージを恐れて離婚を控えるよりも、自分の目でしっかりと将来を見据えて離婚を考える方が前向きです。

ナシ婚で後悔する前に!

ここで、あえてナシ婚、ではなく仕方なくナシ婚になりそうな皆さんに朗報です!

本当は結婚式を挙げたいけど、様々な事情により挙式や披露宴を挙げるのが難しいと思っているカップル向けに結婚式場のすてきなプランをご紹介します。

経済的理由で結婚式を諦めている人へ

結婚式の相場はだいたい300万円台。ご祝儀代を引いても費用は平均して150万円以上はかかってしまい、見積金額を見て諦めてしまったという方もいるのではないでしょうか。最近ではそんな方の悩みを解決してくれる、結婚式場のプランがありますのでご紹介します。

結婚式費用がかからない結婚式プランが好評!
ご祝儀の枠内で収まるプランなので、自己負担がありません。

貯蓄がゼロでも挙げられる結婚式をご紹介します。

【タダ婚プラン】リーフユー

ゲストに優しい会費制で行う結婚式が好評です。

http://tadakon.com/plan/

【ゼロ婚プラン】スキナウェディング

ファッション雑誌VOCEや読売新聞にも取り上げられました。

最短1か月前から受付可能なので、授かり婚の場合も安心です。

【ゼロ婚】持ち出し費用0円のオリジナルウェディング♪

ナシ婚を後悔している人におすすめの「バウ・リニューアル」

ナシ婚だったけど「本当は結婚式を挙げたかった」「挙げておけば良かった」と思うカップルに朗報です。

結婚後に挙げることができる「バウ・リニューアル」です。

「バウ・リニューアル」って何?
欧米で行われている挙式で、結婚後も愛を誓いなおし、夫婦の絆を深めるためのお祝いです。

日本でも以前はあまり馴染みがありませんでしたが、結婚式場やホテルによっては、専用のプランがあるところもあり、芸能人では吉川ひなのさんや、川島なお美さんが行ったことで、知られるようになりました。

また、結婚した当初は資金の問題や授かり婚などで、式を挙げることが難しかったカップルも時を経てそれぞれに合ったタイミングで式を挙げることができるのでおすすめです。

カオリ
カオリ
結婚式もいろんなかたちがあるのね
ユリコ
ユリコ
「バウ・リニューアル」って素敵ですね!
カオリ
カオリ
わたしもそれやってみたいわ♡

【まとめ】

ナシ婚をするカップルが増えつつあるも、その理由は様々あるようですね。結婚式を挙げるのが良いかどうかは、どちらとも言えず、それぞれの考え方によることから、時代と共に結婚への価値観が変わる過渡期に来ているのかもしれません。

また結婚式の注目度が下がりつつありながらも、「バウ・リニューアル」のような別のかたちで挙式を行えることで、ナシ婚を後悔している人にもチャンスがあることは嬉しいことですね。ぜひ、あなたにあった結婚のかたちを!


この記事を書いた人